Text Size : A A A
どうも!キモ妻です。

検査入院の為、静岡なうです。

今日、月曜日に撮った脳波の結果を説明してもらいましたが、去年と比べて横ばいということでした!

左の横から棘徐波が出ているのは相変わらずで、睡眠時には顕著に出ている状態でした。

すごく良い!問題ない!という訳ではなくて、黄信号という感じみたいです。

一般的な病院で、この脳波を見せたら、てんかんでしょ?ってわかる感じな波らしい。

でも、悪かった時の脳波と比べるとかわいいもんです。

主治医の先生は、いつも通り、すごく丁寧に脳波の説明をしてくださいました。

6年間お世話になったこの主治医の先生が、新しい挑戦をすると言うことで、てんかんセンターを離れるんです。

聞いた時は、本当ショックでしたが、今回の入院で先生の想いやビジョンを聞くと、やっぱりすごい先生だなと改めて思いました!

私の安っぽい文章では伝えることができないくらい、本当に大きな挑戦で、お世話になった患者として、同世代として、心から応援したいと思いました。

1人1人の患児、保護者に対して本当に誠実で、寄り添ってくださる先生でした。

また、いつかお会いできる日にマチコの元気な姿を見せられるように、私たちもしっかり前を向いて1日1日を過ごしていこうと思いました。

1年ぶりの検査入院でしたが、赤ちゃん時代からの付き合いのお友達や、6年ぶりの再会があったりで、やっぱりてんかんセンターってイイよなーと思えるものでした。

お友達ママと話していると、悩みもわかってもらえたり、マヒっ子あるあるが多くて、家が近所だったら!学校が同じだったら!がたくさんありました。

持病があり、障害があり、地元の学校に通うマチコは毎日本当によくやっているなーと思っています。

出来ないこともあるけど、出来ることに対してめいいっぱい頑張っています。

学校でも、嫌な思いや悔しい思いもしているみたいですが、それでも毎日学校に行きます。

クラスのみんなや、学校側の理解のおかげだと思っていますが、マチコの頑張りも本当にすごいです。

算数では掛け算の筆算なんかしてて、頭が下がります。

そんな風に頑張ってるマチコですが、私も余裕がない時は、マチコの『ママ、ママ』攻撃に面倒くさくなることがあります。

でも、少しだけ余裕を持って話を聞いてあげられるようにしたいです。

1年ぶりの検査入院ですが、月日の流れを感じます。久しぶり会うお友達の成長や過ごしてきた月日と同じように、母たちも確実に年を重ねていて(笑)

白髪の話とかしたりして。プロテインやら筋トレやら、そんな話題が出るようになるなんて!!

母も子も元気でいられるように、心にもゆとりを持って、日々を過ごしていけたらと思います!!

さてさて、私とマチコの2人での検査入院ですが、お家で待ってる、ミチコとケイスケは電話をしても出てくれません。

『ママいないモード』を2人なりに作っているんだと思います。

来週からまたいつもの日常が始まりますが、ボチボチやっていきたいと思います。

これからの、私の課題として、、、

マチコの『コレ!』という何か得意な、自信を持てるような事を見つけてあげる事。

マチコの社会性をもっと伸ばしてあげられるように、たくさんの経験をさせる事。

私自身も、4時間のパートですが楽しみながら働いて行きたいと思っています。

そして、このブログを書き終わった後に知った事実(涙)

9年間お世話になったPTの先生と、術後お世話になっていたPTの先生が異動、退職されるという事で(T_T)

今回の検査入院は別れが多すぎて、1つの区切りとなるものになりました。

この先生方と1人でも出会えなかったら、今のマチコはいません。

お世話になった先生方に心から感謝しています!新天地でも先生方のご活躍を心から祈っています。

本当にありがとうございました!!!


iPhoneから送信