Text Size : A A A
Img_7f04b7c93910931ee7c48166559bc8e7
「麻痺は考えられない」と言われた1ヵ月後

嘔吐・下痢に伴う高熱によりウエスト症候群を発症。

そのままその地元の医大に入院し、検査を受け、左後頭部に脳梗塞が見つかる。

つまりは、やっぱり麻痺はあったという結果。

マチコの場合、左後頭部の脳梗塞という発症の原因がハッキリしている為

ウエスト症候群としては「症候性」という分類になります。

診断された医大にそのまま入院し

最初に処方されたのは「ビタミンB6」でした。

これで発作が治るならベストという、セオリー通りの最初の選択肢。

処方後、副作用で嘔吐を繰り返す。

1週間程で「効かない」と見切りをつけ、次に処方されたのは

初の抗てんかん薬「ランドセン」。

この頃、マチコの発作も増えてきて

ウエスト症候群特有の、短い間隔で何度も発作を繰り返す「シリーズ発作」も

25連続(つまり数回の発作x25セット)を記録するほどになり

日中は約200回の発作に苦しみ

夜中も発作で声を上げて起きてしまう状態でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
どん底期

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする